お知らせ

一覧へ

NEW大島伸一理事長が認定介護福祉士について社会・援護局長に理解を求めました

2016/07/25 (月)

 7月11日、大島伸一理事長、諏訪徹理事(機構事務局長)が厚生労働省を訪れ、新局長になられた定塚由美子社会・援護局長に認定介護福祉士の目的やねらい、国の検討会の結論を経て検討され、決定したものであること、その後、養成研修の内容の検討を進めてきたこと等実施行程を説明し、ご理解をいただきました。
 その後、他の取り組みや仕組みとの関係や、国の制度への位置づけに関する考え方、職能団体の担うべき役割等について意見交換を行いました。
 局長からは認定介護福祉士の養成を粛々と進め、実績をつくる必要があるとの認識が示されました。

※(参考)
 日本介護福祉士会でも平成27年に説明を行っています。

 認定介護福祉士に関する社会・援護局長への説明を行いました。
 現在検討を進めている「認定介護福祉士」について、石橋会長。内田副会長(役職は当時のもの)は9月17日、厚生労働省を訪れ、鈴木俊彦社会・援護局長(役職は当時のもの)に対し、これまでの取り組みや今後の予定などについて説明するとともに意見交換を行いました。

認定介護福祉士研修認証に関する諸規程及び認定介護福祉士の認定に関する諸規程等を掲載しました。

2016/05/11 (水)

認定介護福祉士養成研修のカリキュラムや、認定介護福祉士養成研修の認証に関する諸規程及び認定介護福祉士の認定に関する諸規程等を掲載しました。

一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構の設立について

2015/12/01 (火)

12月1日、東京法務局へ一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構の設立登記申請を行いました。これにより、法人設立日は平成27年12月1日となります。引き続き皆様のご協力をお願いいたします。

一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構の設立について

2015/11/25 (水)

一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構の設立総会が、11月24日(東京都港区)に開催されました。

一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構の設立について

2015/11/24 (火)

介護福祉士の新たなキャリアアップの仕組みとして、平成23年度より検討を進めてきました認定介護福祉士の養成・認定を推進するため、事業者団体・教育団体・職能団体等が共同し、「一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構」(以下「機構」という)を平成27年12月1日に設立することとなりました。

機構は、認定介護福祉士の養成研修を認証するとともに、養成研修を経た者を認定介護福祉士として認定することで、介護福祉士の質の向上を図り、もって我が国における介護サービスの高度化に対する社会的な要請に応えることで国民の福祉の増進に寄与することを目的として設立するものです。

つきましては、認定介護福祉士養成事業の趣旨をご理解の上、本事業の普及のためにご支援・ご協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。