認定介護福祉士になるために

認定介護福祉士養成研修認定
研修認定のおおまかな流れ
認定介護福祉士認定
認定介護福祉士認定のおおまかな流れ

認定介護福祉士養成研修の受講要件

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類

  1. 介護福祉士としての実務経験(5年以上)
    ただし、科目によっては実務経験を問わない場合がある。
  2. 現任研修受講による内省や学習習慣の獲得
    実務と現任研修への受講経験をつうじて、的確な判断や対人理解に基づいた尊厳を支える。
    ケアについて、常に考え内省する習慣、学習する習慣を獲得している。
    研修受講歴とレポートの提出によって研修実施機関が確認する。 受講要件 研究受講等とレポートOR試験 ※評価が客観的に認められること(修了証等)
  3. 介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー (ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有することが望ましい
  4. 居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい

認定介護福祉士養成研修Ⅱ類

  1. 認定介護福祉士養成研修Ⅰ類を修了
  2. 介護職の小チーム(ユニット等、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)のリーダー (ユニットリーダー、サービス提供責任者等)としての実務経験を有すること
  3. 居宅、居住(施設)系サービス双方での生活支援の経験をもつことが望ましい